第20回料理会を開催しました。

平成31年2月10日、岡生涯学習センターにて、第20回料理会を開催しました。

この会は健康をテーマに体に優しい料理を楽しむ会です。

できるだけ添加物が含まれていない調味料・食材を用い、なるべく地元の旬の野菜を中心に、様々な食材で料理していきます。

今回のメニューはこちら。

第20回料理会

  • ごまネギ豆乳汁ビーフン
  • カブのシンプル蒸し炒め
  • 黒豆とレンコンの手作りマスタード和え
  • 黒ゴマパウンドケーキ

 

☆ごまネギ豆乳汁ビーフン

たっぷりなネギを炒めて、生姜も効かせて、体温まるビーフンです。

グルテンフリー食をする場合、ビーフンは麺食としてよく使われます。

グルテンフリーという言葉が注目されるようになって、今ではビーフンだけでなく、小麦を使わないうどんとかパスタとか、販売されるようになりましたね。

今回使ったのはヤムヤムジャパンから出ている玄米ビーフン。

極細麺で、お湯に1分浸すだけで戻るので、調理が簡単でしかも美味しいから私のお気に入りです。

 

☆カブのシンプル蒸し炒め

カブのシンプル炒め

冬のカブは甘さがギュッと詰まって美味しいですね。

カブは実の部分だけでなく、葉っぱも美味しく、丸々食べれます。

葉にはベータカロチン、実にはビタミンCにアミラーゼといった消化酵素と、栄養もしっかり詰まってますので皮も葉も全部いただきましょう。

カブをシンプルに、オリーブオイルと塩だけで調理しました。

実と葉を切って、オリーブオイルと塩をまぶしてから蒸し焼きにします。

シンプルな味付けにすると、よりカブの美味しさが楽しめます。

 

☆黒豆とレンコンの手作りマスタード和え

黒豆はとても力がある食材なので、ぜひ日常の食卓に加えていただきたい食材です。

大豆の栄養素に加えて、黒い皮に含まれるポリフェノールは体の酸化を防ぐ抗酸化物質です。

黒豆

↑黒豆は土鍋で煮ました。

乾燥した豆から調理するのはハードルが高いように思えますが、そんなことはなく、簡単です。

黒豆は、一晩水につけたあと、柔らかくなるまでコトコト煮るだけです。

そのまま食べてもいいし、サラダやスープなどにも使えます。

煮汁にも栄養が詰まってるので飲みましょう。

今回は蒸したレンコンと、手作りのマスタードで和えました。

 

☆黒ゴマのパウンドケーキ

黒ゴマパウンドケーキ

黒ゴマがいっぱい詰まったパウンドケーキ、焼くと黒ゴマの芳ばしい香り。

ゴマには代表的な栄養素ゴマリグナンという抗酸化物質が豊富に含まれています。

ヒトは呼吸により大気中から酸素を摂取して生命活動に必要なエネルギーを作っていますが、その過程で体内に抗酸化物質が生まれます。

日常生活の不摂生により、これが過剰に蓄積されると、老化が早まり、ガンや糖尿病、動脈硬化などに繋がります。

こういった病気の予防やアンチエイジングのために、日ごろから抗酸化物質を食事からよく摂ることが大事ですね。

 

ご参加くださいました方々、ありがとうございました。

料理会にご興味ある方は『鍼灸・整体 自然堂治療院』までお問い合わせください。