第13回料理会を開催しました。

平成30年4月28日、静岡市清水区の生涯学習センターにて、第13回料理会を開催しました。

この会は健康をテーマに体に優しい料理を楽しむ会です。

できるだけ添加物が含まれていない調味料・食材を用い、無農薬・有機栽培された地元静岡の旬の野菜を中心に、様々な食材で料理していきます。

今回のメニューはこちら。

第13回料理会

  • ちらし寿司
  • 筍とウドの味噌汁
  • 豆腐チーズとトマトのカプレーゼ
  • 八朔大福

 

☆ちらし寿司

ちらし寿司

ちらし寿司は酢飯に色んな具材を混ぜ合わせたものですが、はじまりは備前(現在の岡山県)といわれています。

当時の藩主池田光政公が大洪水にあったため、復旧の際「一汁一菜令」を発令したそうです。

汁物1品、副菜1品以外は禁止された庶民は、酢飯に色んな具材を混ぜ込み、それを主菜とすれば沢山の具材が食べれると考えました。

様々な具材を散らしたことから、ちらし寿司と呼ばれるようになったといわれます。

庶民の生き抜くための知恵から生まれた産物ですね。

今回作ったちらし寿司はイクラとかエビとか入ってませんが(^_^;)

この一品でも筍や人参、ごぼう等、沢山の種類の野菜がとれますね。

醤油ベースの味付けで煮て、酢を合わせておけば、保存がきくちらし寿司の素ができます。

いつでも炊きたてご飯に混ぜて食べられるのでとても便利です。

☆筍とウドの味噌汁

筍とウドの味噌汁旬のこの時期だけしか味わえない筍とウドの味噌汁。

特にウドの独特の香りとほのかな苦味はみそ汁にしても、大変美味しいものです。

ウドは90%が水分だとか。

主な栄養素は食物繊維とカリウムです。

またアスパラギン酸が豊富に含まれ、代謝を高め疲労回復に役立ちます。

この成分は筍にも豊富に含まれます。

疲れた体に、春の味噌汁一杯。

おすすめですよ。

☆豆腐チーズとトマトのカプレーゼ

豆腐チーズとトマトのカプレーゼ豆腐チーズは色々と作り方がありますが、今回は塩麹で漬けた豆腐を寝かせたものを用いました。

水をきった豆腐に塩麹をまぶし、キッチンペーパーでくるんで冷蔵庫で寝かせます。

豆腐とは思えないくらい、とっても濃厚なクリームチーズ風。

チーズにも引けを取らない美味しさです。

4~7日くらい寝かせると余分な水分も出て、コクがあってなめらかな口当たりな豆腐チーズになります。

トマトとバジルで、もう立派なカプレーゼですね。

☆八朔大福

八朔大福八朔(はっさく)を白あんで丸め、求肥で包んだ八朔大福。

白あんも手作りすると、とてもクリーミー優しい甘さのあんこが出来ます。

手亡豆の皮をむいて、裏ごしして、甜菜糖と混ぜて弱火でじっくり練ると、手間暇かかりますが、出来上がったあんこは感動の味。

やっぱり手作りっていいですね。

次回は5月26日(土)、18:00~21:00の予定です。

途中からの参加でもOKです。

○場所 清水区岡生涯学習センター(静鉄桜橋駅から徒歩3分)

 住所 静岡市清水区桜が丘町7-1

○参加費 2000円

※要予約制

参加ご希望の方は「はり灸・指圧・整体 自然堂治療院」までご連絡下さい。

↓LINEもご利用できます、お気軽にお問合せ下さい。

LINE予約